ホーム ゴルフクラブに夢中無限のサイトバナー

ゴルフクラブとスイングについて


解説します。パターのロフトからゴルフクラブに切り込んでいきましょう。
パターにはロフト
パターのロフトがないように感じているでしょうが、実際にはわずかにあります。2度か、もしくはそれ以上のロフトが付いているのです。
本当に飛ぶゴルフクラブの話はここから始めましょう。
その理由は、グリーン上のゴルフボールが芝の中にほんのわずかですが埋もれているからです。本当に飛ぶゴルフクラブを見つけ出すのはそれからで構いません。
当然、短い芝なのですが、それでもボールはわずかに沈んでいます。ボールをこの中から出して、スムーズに転がすためには、ある程度のロフトがどうしても必要です。
ロフトがないパターだと、打った直後にボールがとんでもない方向に弾んでしまうためです。ボールをストレートに正確に転がすには、決してよい打ち出しにはなりません。
ゴルフクラブのロフトのことばかり何度も説明するわけにはいきませんが、パターも自分に合ったロフトにすることが、パッティングを実行する上で非常に重要です。
パッティングの練習をして、パターのヘッドが球に当たったタイミングで、両手がどの位置にあるのかをチェックしてみましょう。
インパクトのタイミングで、両手がボールより前にあったら、パターのロフトは5~6度が適切でしょう。
仮にロフトを変更したほうがゲームに勝てると思うのであれば、やはりクラブショップの工房に行くべきでしょう。パターのほとんどはホーゼル部をわずかに曲げればロフト調節が可能です。
ホーゼルがなくて、シャフトが直接ヘッドに繋がっているタイプのパターであれば、シャフトを曲げることになります。
ビデオ撮影などを駆使してパッティングを詳細に分析して、ストロークにマッチするパターを作るために、最適なロフトやライ角や長さを正確に測定してくれるクラブショップもあります。
ゴルファーなら、スコアに直結するパターの重要性は理解できているでしょう。それなのに、なぜかパターの最適な長さやライ角やロフトを求める手間をかけないのか考え直してみましょう。
ウェッジは非常に多くの設計要素が組み合わさったゴルフクラブであり、とにかく他のクラブとは扱いが全然違います。
アイアンと似ているところはありますが、厳密には全く違うゴルフクラブです。第一に、アイアンと違い、ウェッジは本来フルスウィングではなく、様々なテクニックを駆使して使うようなデザインがなれれています。
それがウェッジであり非常の独特なゴルフクラブなのです。他のアイアンよりロフトが大きく、重量もあるところから違います。
とりわけサンドウェッジ(SW)はバンスと呼ばれるソールがとても特徴的です。SWのソールを、他のアイアンのソールと比較してみましょう。
ボールにアドレスする要領で、テーブルの上にSWのソールを置いてみると、後ろ側のエッジが先にテーブルに着いて、リーディングエッジがテーブルから離れていることがわかるはずです。
これがバンスと呼ばれるソール角の大きな特徴で、ヘッドが砂を深く掘りすぎて、ボールをバンカーに残してしまう状況を避けることができます。
ピッチングウェッジ(PW)を持ってバンカーに行き、5,6回思い切り振ってボールを出してみましょう。
トッププロの腕がない限り、悲惨な結果に終わって、ソールに十分なバンスがないウェッジを使ったときの状況に納得するでしょう。
ほとんどの場合、PWが下に掘り進んだ落とし穴にボールがはまってしまい、バンカーから出せないはずです。PWは芝の上で使うようにデザインされているので、SWよりハンスが小さいためです。