チラシ制作で大事なこと

チラシ制作はまずはターゲット設定から。デザイン、訴求方法を細かく見ていきます。

アクセント

アクセントは強調したい部分や人目を惹き付けようとするポイントのことです。適度なアクセントが備わることでそのデザインに楽しさと軽やかさが加わります。デザインにアクセントを持たせるには、色やれアウト、サイズなどの属性を使ってその部分が他とは少し違う状態に仕上げてやる必要があります。

アクセントは、料理でいう、スパイスのようなものです。アクセントが感じられないデザインは、物足りなく間延びした印象がありますが、アクセントが肩になるとくどく感じられ、制作物の本来の目的も若りんいく区なってしまいます。アクセントを上手に効かせるためには、ほんのわずかな部分に少しだけということをまずは覚えてください。

アクセントをつけるために一般的なのは、サイズや色で変化をつける方法です。

他の部分は小さくしておいて、アクセントの場所だけを大きくする。他の部分はモノクロにしておいて、アクセントの場所だけ赤を使う。といった具合です。ポスターなどのペラものの場合には、誘目性を高めるために高効果を狙って、アクセントとそれ以外の場所の差を極端に大きくします。雑誌のページの場合には、ページを飽きさせずにめくらせる、紙面の印象を平坦にしない都行った目的ですので、もう少しさは控えめでも構いません。この他にもグラフィック的に装飾を加えるという方法もあります。例えば写真にイラストや図を書き加えたり、アクセントにしたい文字にマークを追加するのも良いでしょう。

  • 本来の目的・・・その制作物の一番のポイントを引き立たせるのがアクセントの役割です。アクセント方になると、一番がどこなのかわかりにくくなってしまいます。結果的にポイントが見えないデザインになってしまいます。
  • ペラもの・・・ページではない一枚もののデザインです。ここでは広告的な役割のもの、としてペラものと称しています。グラフィックの中でも広告とエディトリアル(雑誌や書籍など)とではその目的やデザインに求められるものが異なります。
  • 意味合い・・・文字加工の場合は、その文字の言葉としての意味に加え、多少のイメージを追加することしかできませんが、新たにエレメントを加えることで、そのエレメントの形やビジュアルによって全く違い雨意味や印象を追加することができます。
  • ポイント1・・・アクセントのつけ方には、サイズや書体、色を変える他、デザイン要素を追加する方法もあります。この方法では文字では出せない意味合いを追加することも可能です。
  • ポイント2・・・アクセントはより目立たせたい内容、強調したいエレメントに用いるのが基本であり、より効果的な使い方です。メインのヴィジュアルにあったデザインでなおかつメイン以上に前に出過ぎないよう配慮する必要もあるでしょう。
  • ベーシックセオリー「チャームポイント」・・・グラフィックにアクセントをつけることは、チャームポイントを持つことと似ています。例えば、女優さんのセクシーな口元のホクロや、エクボが印象的なモデルさんなど。ただ綺麗なだけでなく、何か人と違うチャームポイントが加わることで、より人の記憶に残ったり好感度が上がったりするものです。
  • 最小限に絞って・・・アクセントを効かせるためにはその他の要素がなるべくシンプルになっている必要があります。目立たないようにおとなしく配置するか、あるいは、要素を絞り込むか、考えなければなりません。
  • モノクローム・・・単色で構成されていることを示す言葉です。必ずしも白黒ということではありません。ただし、写真の「場合は、通有情モノクロームというと、白黒写真のことを指します。略してモノクロ、と呼ぶこともあります。
  • UVインキ・・・通常の印刷用インキが物理的に乾燥させる必要があるのに対し、UVインキは、紫外線によって瞬時に降下する特徴を持っています。
  • 縁起のいいモチーフ・・・他にも日本らしいものといえば、小槌、宝珠、隠れ蓑、宝袋、丁字、といったいわゆる宝つくし文様や吉祥文様などがあります。