チラシ制作で大事なこと

チラシ制作はまずはターゲット設定から。デザイン、訴求方法を細かく見ていきます。

イメージ化の第一歩

食品以外の衣料品や住宅関連商品でのイメージ化はどのように考えていくのか、その際、大事なのが商品購入の真の目的である。売り手はその商品を売っているが、その根底にある本当の理由を知らないことは多い。何故ならば、書いて自信が気づいていない本当の理由は潜在化していることが多いからだ。

例えば、十多雨を購入する場合、目的は何であろうか。戦後間もない時期、雨風をしのぐことが目的であった。そしてこう土星狂気は家を所有することでステータスが目的であったが、今のような時代は所有することが目的ではない。ズバリ、新生活への期待である。ゆえに住宅のチラシでは、ただキッチンを見せるだけではイメージがわかない。そこには母と娘が楽しそうに一緒にクッキングをしている様子や、リビングでは家族がくつろぎながら大型テレビを見ている様子などを写真で見せることにより、家を欲しいという欲求を喚起できるのだ。

衣料品は難落ちってもきた瞬間であり、変身願望や自己顕示が衣料品を買う欲望へと直結させる。機能性よりもやはり見栄えが重要であり、その服を着た人が颯爽と出かけている様子や周りから褒められている状況をビジュアル化して、ベストイメージを訴求する必要が有る。紳士服であれば、仕事に自信を持ち、勇気を持って商談に出かける様子などを入れる。もはや衣料品は体を包むという機能とは別に、心を変える機能を有してきている。それが現在の売り場やチラシでは全く感じられないのが残念だ。

家電製品、車、住宅などの耐久消費財系はやはり使っている様子をリアルに訴求すること。大型の薄型TVであれば、スポーツ番組を見ながら家族全員で応援している様子で盛り上がっている様子と興奮のイメージを作ることができる。テレビを購入する目的は家族で楽しむ興奮を享受するためだからだ。

車のチラシは多くは外観のデザイン中心のチラシが多いが、あまり機能性を重視していないように見受けられる。事例のホンダカーズのチラシは、その辺が非常にうまい。じっ際に人が乗ったり、使っている様子を見せて非常にわかりやすく表現している。それもターゲットに合わせ、女性が実際にそのうるまを使っている様子や驚いている表現などを入れるなど、よりリアルに伝わるようにできている。もっとこのようにチラシ上で機能のイメージ化を図るべきであろう。