チラシ制作で大事なこと

チラシ制作はまずはターゲット設定から。デザイン、訴求方法を細かく見ていきます。

シニアをターゲットにする

今の不景気の時代、ターゲットとして重要なのが、シニア。高齢化が進む中、その重要性は高まり続けている。国内人口おw見ると、全体では減少しているが、65歳は、増えている。とりわけ「おばあちゃん」に対するマーケティングが要求されてくる。では、おばあちゃんに対するチラシとして何が一番重要なのか。

まず大事なのは、安心感である。人間は、年齢を経るに従い、経験も豊富になるが、その分、様々な情報が増え、耳年増になる。ゆえに警戒心も強くなってくるので、不安感を払拭するチラシが必要だ。そのために実績や信用を具体的す値で表し、訴求するのも効果的な方法だ。例えば、「過去15年で13421人の生徒さんが受講しました」などとよりリアルな数字を見せると安心感も高まるのである。

続いて、分かりやすさが重要。シンプルに訴求し、一目でわかるチラシ作りの必要性がクローズアップされてくる。シニアは複雑なものを嫌う。よりわかりやすいレイアウト、よりわかりやしキャッチコピーが好まれるのだ。また、文字サイズも大きくするなど。見やすくする工夫も大切。細部に渡り気遣いが大切なのである。

例えば、岡山でダントツのPCライフというパソコンスクールのチラシだ。最近のパソコンスクールは、比較的活況であり、一時的ブームからやあ下火になりつつある。しかし最近の高齢者の増加に伴い、また習い事の復活で以前より人気を博している。とりわけ、女性が多くなり、パソコンを覚え、友達や孫とメールでやりとりsるなどのニーズが増え、まさに高齢者をターゲットとするべき業種の一つとなってきた。

そこでタイトルは、「できます!パソコン!」という非常にシンプルなものだ。シンプルであるがゆえにわかりやすく、特にパソコンが苦手なシニアにとって、できるイメージも湧き、安心感もあり、よりインパクトが強くなるのである。さらに実際のお客様の写真も入れて楽しそうなイメージを演出。これも安心感へとつながるのだ。

メニュー訴求もよりシンプルに3つくらいに絞り、シニアを意識したコースを目立つようにわかりやすう訴求。このように、シニアに対しては、あれもこれもではダメであり、複雑なものは受け入れない。パッと見た眼が勝負であり、そこで興味を持たせるように作ることが集客アップのポイントである。