チラシ制作で大事なこと

チラシ制作はまずはターゲット設定から。デザイン、訴求方法を細かく見ていきます。

タイポグラフィ

タイポグラフィニデザイン的なアレンジを加えることで表現として用いる例を紹介しましたここではさらに一歩進んでタイポグラフィgあメインビジュアルとして成り立つようなデザインやタイポグラフィに対するより深いこだわりに付いて考えてみたいと思います。

グラフィックデザインの中でタイポグラフィが占める割合は少なくありません。特に書籍や雑誌イベントのタイトルなどはタイトルの文字そのものがメインエレメントとなる場合が多く、文字として読みやすいことはもとより表現の核としての存在感が求められます。こう言ったデザインはフォントのデザインを吟味して選び、そのグラフィックの使用目的に最適な形状に組み上げる、さらに時にはその作品のために文字のデザインから考えるといったデザイナーのタイポグラフィへの深い知識と強いこだわりが寝ければなりません。

既存のフォントを使用する場合は、そのデザインにあったものを選択することはもちろんですが、文字の大きさや角度、文字と文字との間隔や組み合わせた時に出来上がるフォルムがベストの状態になるように調整する必要があります。

文字は一塊に見える方が力強い印象になるため、通常予告みの場合には文字爪をします。特に拗促音や音引きの周囲は余白が大きく見えすぎないようにツメツメにすることが多いでしょう逆にゆったりとした印象を出したい時は文字間を開きます。ここでもやはり拗促音や音引きの周囲のバランスを取るのが難しい作業になります。

  • 拗促音や音引き・・・拗促音とは、「ぅ」「っ」のように小さい文字で表す音のことです。音引きは、「ー」と伸ばす音、さらに句読点や括弧などを含めて通常の文字と異なる表記を約物と呼びます。
  • ツメツメ・・・文字爪を極端に行うことをツメツメと言います。写真植字の時代にはデザイナーがオペレーターさんに指示を出す際に、ツメ、ゆるツメ、ツメツメなどと表記していました。
  • ポイント1・・・当たり前のことですがテキストやデザインの内容に即した所帯選びは需要です。同じ所帯でもカタカナやひらがな欧文の有無地面によって印象が変わります。必ずそのテキストでフォントを選ぶようにしましょう。
  • ポイント2・・・テキストはそのままでは記号の羅列です。本文組なら読みやすくなっていればOKです。しかしタイトル文字の場合は文字間を詰める、漢字とかなの大きさを変えたり、あるいは漢字とかなの書体を変えてベースラインを調整する、といったデザイン的なはいりょが必要になります。
  • ポイント3・・・書体のデザインにはそれぞれルーツがあり、その書体を作り出したメーカーやタイプデザイナーの出会いん意図があります。その違いをよく見てみましょう。選ぶ時には必ず組んだ状態でしかしそれぞれの書体の生各区を知るには、文字の形一つ一つを見比べてみるおがオススメです。
  • ベーシックセオリー「ベースラインと仮想ボディ」・・・和文の場合、モイは仮想ボディと呼ばれる形を基準にデザインされています。文字を組み合わせる際もこの仮想ボディを基準に並べます。これに対し欧文はベースラインと呼ばれるラインで位置を合わせます。欧文も和文もベースラインを動かして位置を調整することが出来ます。
  • 白フチ・・・文字に白いフチをつけることを指します。フチ括りとも言います。文字にフチをつける氏は、フチが文字の内側食い込まないように調整しましょう。
  • ポップな色調・・・昔こんな形で光る子供向けのげーむがあったような気がします。ビーズを並べて水で固めるおもちゃもこんな漢字でした。そんなおもちゃっぽい印象を与える配色です。
  • オールドスタイルの明朝体・・・明治時代にあデザインされた築地体初号仮名が使われているようです。これは今でもデジタルフォントとして使用できます。新しい明朝体にはない、筆の運びが感じられるデザインです。