チラシ制作で大事なこと

チラシ制作はまずはターゲット設定から。デザイン、訴求方法を細かく見ていきます。

タイリング

風呂場のタイルのように、平面をなんらかの要素で隙間なく敷き詰めることをタイリングと呼びます。イラストや写真など、タイリングすることによって密度感とリズム感の両方を備えたグラフィックを作成することができます。タイリングするエレメントの色相やその内容によって、見え方や印象が全く異なります。

タイリングのデザイン降下は、タイルするエレメントの内容によって変化します。例えば、基本的なタイルのぐらふぃっくのばあい、 エレメントの色合いを煮たもので揃えることで画面全体の一体感や力強さが感じられます。一枚絵を扱うグラフィックとデザイン降下はにていますが、イメージの多党制やリズム感といった部分は一枚絵にはないタイリングの魅力です。タイルエレメントの色合いを様々に変化させると、音楽のようなリズム感が生まれます。彩度の低めの色合わせの場合は、ジャズのようなシックな印象を、また、彩度の高い色を組み合わせ、よりポップな印象へと変化させることも可能です。

タイルの目地のように、余白や色を設ける方法もあります。この場合は、前面を埋め尽くした時に比べ、空気が通るような抜け感や軽やかさが感じられます。さらに、タイリングは他の形でも可能です。不定形のもの同士を組み合わせ、隙間なく埋め尽くすことで、密度感や近著かんなおdが表現されます。この場合は、タイルエレメントのサイズコントロールが重要です。大きすぎてはタイルの降下が薄れますが、小さい場合は単なるパターンになってしまいます。

 

  • 一枚絵・・・一つの写真で完成された世界があることを一枚絵という言葉で表します。画面全体を一枚の写真で覆い尽くしたビジュアルのことを示す場合もあります。 一枚絵で画面を保たせるには、絵柄にそれなりのクオリティが求められますが、それgあ力を放った場合には、複雑に手を入れたグラフィックをはるかに凌ぐパワーと存在感が得られるものです。
  • 角丸の四角形・・・その名の通り、角の部分が丸めてある四角形のことです。デザイン用語ではただ革マルとよぶこともあります。「角R」も同じ意味で使用されます。
  • ポイント1・・・タイル担っている作品を一枚絵に変えると、画面全体の一体感は増しますが、多面性やリズミカルな印象といった、タイリングによるデザインの降下がなくなっていまいます。
  • ポイント2・・・タイリングのデザイン降下は、タイルエレメントの色味によって大きく変わります。彩度の低い色でまとめると、シックで大人っぽく、彩度の高い色でまとめると、ポップで軽く弾むような印象が生まれます。
  • ポイント3・・・イラストでも似たサイズのものが並べば、タイリングの降下が生まれます。角丸の四角形や遠景、あるいはその他の図形でもタイルエレメントにすることが可能です。ゆったりとした印象になります。
  • ベーシックセオリー「規則性と安心感」・・・人間は規則性のあるものには安心感を感じます。規則性のないものは簡単にはr開始に打っ区、またその先に何があるのかを予測することが難しい(=不安を感じる)からです。タイリングはその形状にある程度の規則性があることによって、見た人に安心感を与えるデザインですが、規則的すぎると単調でつまらない印象も与えてしまいます。
  • フラッシュバック・・・映像の技法の一つで、異なるシーンを短く交互に挟み込むことで臨場感や緊張感、海藻や気づきなどを演出する方法です。複数の場所で同時におきている出来事を交互に見せると言った場合に使用されることが多く、カットバック、クロスカッティングとも呼ばれます。
  • ミラーボール・・・ディスコやクラブ、ダンスホール等で用いられるため、夜、ダンス、盛り場といったイメージがあります。70〜80年代といった少しレトロな印象も感じます。