チラシ制作で大事なこと

チラシ制作はまずはターゲット設定から。デザイン、訴求方法を細かく見ていきます。

チラシの訴求ポイント

チラシに訴求するポイントは、この40年で大きく変わってきた。

70年代は絶叫型。いわゆるバーゲンや売り出しなど、とにかくなんらかのイベント催事をやっているというだけで集客できた。オイルショックはあったものの、日本の高度経済成長の真っ只中であり、市民は我先にと車、住宅、家電、医療位hんと次々と購入。購買意欲旺盛であり、決算、年末セール、初売りと絶叫するだけで百貨店、量販店に集まった時代であった。

80年代は、流通戦争が激しくなり、小売店舗は大型化していった。ダイエー、そごうなど、我先にと大型店を作り、売り場面積競争の時代だった。お客様の思考も大きく変化し、比較してより良いものを購入したいという比較購買の要素が強くなってきた。そこで必要になってくるのは、品揃え、であり、チラシはいわゆる多アイテムチラシとなってきた。

ところが90年代に入り、バブルがはじけ、大型店では集客できない時代に入っていった。カテゴリキラーと呼ばれるいわゆる専門大店が成長、家電のコジマやヤマダ電機、トイザらス、紳士服の青山など、安売りを武器に急成長していった。チラシには価格破壊という言葉が乱舞し、激安、半額など、激しい価格競争に入っていった。このころ、一世を風靡したのgあ、買ってくださいチラシ。店員さんがチラシの上で「仕入れすぎました。在庫が余って困っています。買ってください、お願いします」というフレーズでやすくなる理由を本音で語るというチラシが当たったのである。

やがて2000年代にはいり、景気も少しづつであるが、回復してきて、単なる価格訴求だけでは反応しなくなってきた。お客様もメモさらに超えてきていてより良いものを欲しがる欲求が強くなっってくる。いわゆる価格訴求の時代である。商品価格をいかにわかりやすく伝えるか、がチラシの大命題隣ってきた。

そして消費が高度化していく中、起こったのが2008年のリーマンショック、良いものが欲しいけど、不景気で購買行動にブレーキがかかるという複雑なる消費心理に変化していったのである。ゆえに2010年以降はより価値を鮮明にするためのイメージ化というキーワードが重点ポイントとなっていくのだ。