チラシ制作で大事なこと

チラシ制作はまずはターゲット設定から。デザイン、訴求方法を細かく見ていきます。

デザイタルテイスト

コンピュータを使ってデザインすることが当たり前になっている現代ですが、デザインを考えるのはあくまでも人間の頭の中であり、それはコンピュータの有無や時代によって変わるものではありません。しかし、コンピュータが普及したことによって表現の一つとしてデジタルテイストという選択肢が出たことは確かです。コンピュータが我々にもたらしたのは、デザインの作業を簡単にし、何度でもやり直しが可能になるといった効率の向上だけではありません。ドットによる絵の表現、3Dによる空間表現、幾何学的な図形や微細な線の表現といった、アナログ時代にはなかった表現手法も同時に与えてくれたのです。こう言ったデジタルテイストを感じる要素には規則性が高く、軽薄なイメージがあるため、ポップさや軽やかさを求めるデザインにマッチします。とはいえ、いかにもなサイバー感や、デジタル=プログラムといった、直接的なイメージはすでに古い印象があり、洗練されたスマートな印象は与えにくくなっています。デジタルテイストを取り入れるなrあ、単なるデジタルイメージではない、もう一つ先の表現を考える必要があるでしょう、

例えば、古いコンピュータ時代の絵や色を会えて取り入れることで時代感を含めた表現をする、あるいは、3Dソフトの存在を感じさせないくらい微細なグラデーションや繊細な線の表現をする都行った若干のひねりが必要でしょう。

  • ドットによる絵・・・コンピュータはすべての絵を点で表します。最新のコンピュータではもはやこのドットを意識することはありませんが、初期のコンピュータの絵はドットの1粒1粒がはっきり見えるほど洗い画像しか表現できませんでした。
  • 3Dによる空間表現・・・コンピュータ内に仮想の3次元空間を作り出し、李たちモデルを構築するのが、3Dソフトの機能です。これもかつてはよく使われた表現方法でしたが、今は、3Dだけで終わらせることは少なく、なんらかの画像処理を施したり、素材の一つとして利用する方法が増えているようです。
  • いかにもサイバー・・・サイバーは、コンピュータの、インターネットの、といった意味ですが、これらが当たり前の時代になった今は、コンピュータと人間都とが一体化したようないかにもサイバーな表現は古い印象になってしまいました。
  • ポイント1・・・デジタルテイストの取り入れ方の一つとして、洗いドットの絵やテキスト現職に近い色使いなどを用いて、時代を感じさせるという方法gああります。デジタルそのもののイメージというよりは、レトロでチープなポップ感を楽しむというところでしょうか。
  • ポイント2・・・単純なグラデーションや3Dソフトを使って簡単に作成できるようないかにもデジタルなサイバーイメージは、帰って、古臭い印象を与えてしまいます。今は、同じ3Dソフトを使った表現でも、より繊細で美しい表現の追求gあ求められています。
  • ポイント3・・・画像加工や写真の演出、複雑なラインの描画、繊細なグラデーションや透明感など、一見デジタルテイストは感じにくいものですが、実際にはデジタルでしかなし得ない表現方法です。さらに電子出版やweb連動が増えてくれば、そのインターフェイスも重要なデザインのポイントに入ってくるでしょう。
  • ベーシックセオリー「ドット絵の書き方」・・・ドット絵を自作するには、専用のソフトを使う方法もありますが、フォトショップで20×20ピクセル程度の画像を新規作成し、鉛筆ツールで1ますずつ塗りつぶしても書けます。このばあい、 画像をjpegで保存してしまうと、くっきりした線が失われてしまいます。gif形式を選ぶようにしましょう。
  • 幾何学的な図形・・・正円や楕円などのいわゆる製図で書くことのできる図形です。人や植物のように柔らかさや美しさはありませんが、潔く強い印象があります。
  • イメージを膨らます・・・イメージ写真には、適度な具体感が求められます。カタログの商品カットのように、はっきりと隅々まで見えてしまうことが帰って人の関心を失うこともあります。かといって、なんだか全くわからないほど抽象化されてしまうと、そのイメージに興味を持てず、素通りされてしまいます。
  • 若者の目・・・デザインは必ずしも万人に受ける必要はありませんそのデザインを届けたい人の目に届き、心に響くかが問題なのです。特に若年層に向けて情報やメッセージの発信では少しの感覚のズレが重大な失敗を招いてしまうことがあり、大変難しいものだと言えます。