チラシ制作で大事なこと

チラシ制作はまずはターゲット設定から。デザイン、訴求方法を細かく見ていきます。

ヤングをターゲットにする

ヤングをターゲットにするならポスティングチラシをつかう

最近、20台における新聞購読率が激減している。あるインターネットの調査で新聞を毎日読んでいますか、という質問に対してハイと回答した人が実に60%というデータもある。これは年代別に調査しており、いかに20台の新聞購読率が落ちているかがよくわかるであろう。

理由としてはまず、ネットの普及が挙げられる。ネット上でニュースは十分に読むことができ、またリアルタイムである。新聞はその意味でタイムラグがあり、またネットは無料ということもあり、新聞代を払いたくないという気持ちも作用しているようだ。何れにしても新聞購読率が落ちてくると、当然折り込みチラシを見てもらえないので、他の方法を考えないといけない。

そこで登場してくるのが、ポスティングチラシ。ポスティングチラシとは、家庭のポストに直接入れるチラシのことであり、以前からポスティングチラシという手法があったが、最近、また注目を集めているのだ。

では、チラシをただポストに放り込めばいいかというと、そうではない。というのもポスティングチラシは一般の人にとって、マイナスイメージが強いのである。tまりこういうことだ。新聞折り込みチラシは通常、情報として捉える。毎朝配達されるチラシは楽しみにしている人も多いくらいであり、また、新聞の中にチラシが入っているからと怒る人はいない。チラシを常として捉え、必要なものと感じ、プラスのイメージがあるからだ。

しかし、ポスティングは違う。ポストの中に勝手に入れた。というイメージが強く、マイナスイメージがまだまだ強いのである。ゆえにこのマイナスイメージを払拭するためには見た瞬間興味を持たせないといけないのである。そのために様々な工夫をするのである。

例えば、住宅のポスティングチラシ。住宅の一時取得の大半は20代後半から、30代であるが、新聞を取らない家庭も増えている。よって、最近ではポスティングチラシの「併用gあ増えてきており、また興味を引くために三つ折りにするケースが多い。ポスティングの場合、ゴミ箱直行率が高いので、いかに興味をそそらせるかがポイント。三つ折りにし、斬新なキャッチコピーをつけることで中を見ようという意になってくる。すると真剣に見ようとするので、折り込みチラシと同様、あるいはそれ以上の効果を発揮することもある。