チラシ制作で大事なこと

チラシ制作はまずはターゲット設定から。デザイン、訴求方法を細かく見ていきます。

リアルなものの形

人間が骨格の上に筋肉をまとうことで美しい人おシルエットを作り出すように、ものにはそれぞれ固有のかたちがあります。そのものが最も美しく魅力的に見える形を探し、その形を強調してさらに美しく、あるいは楽しく面白く見せるのもデザインい任された重要な仕事です。

自然の草や花はもちろん、人間や動物、高原品、工業製品に至るまで。ものにはそれぞれの形があります。縦から見たり、横から見たり、あるいは後ろからといった具合に見る角度によってものの形は変わります。対象となるモチーフが最も魅力的に見える角度、あるいはもっとも美しく見える距離を探し、見つけた形を平面いてい着させる。それはデザインの作業の中でもより楽しいひと時だと思います。

見つけた良い形をグラフィックに定着させるにはそのほかの要素を極限まで取り除き、形にのみ視線を集中させる方法が効果的です。ものによっては、一つではなく複数を組み合わせることで良い形になるものもああるでしょう。さらに形を強調するためにその形の周囲に縁や影をつけるといった演出を施す場合もあります。いずれの場合も中途半端にしないこと色使いも、極力シンプルにし、ダイナミックかつシンプルにし、ダイナミックかつストレートに形を表すことを考えるようにしましょう。またそのものの形と同時にその形以外の部分の形、つまり余白の形にも着を配るようにしたいものです。美しい形は余白の形もまた美しくなるものだからです。

  • モチーフ・・・主要な題材のことをモチーフと呼びます。こう孤高であれば商品、あるいはその商品を表すなんらかのイメージを。雑誌の記事の場合は、その記事の主要なテーマ、それを表す具体的なものを指します。
  • 美しく見える距離・・・もののシルエットは角度だけでなく、それを見る距離によっても変わります。撮影するカメラのレンズの焦点距離が違えば、出来上がったものの写真のシルエットも変化します。
  • 角版・・・・モチーフの写真を背景とともに使用することを角版と言います。角版とは必ずしも四角い形状というわけではなく、丸い形でもその他の形状でも背景が付いているものは皆角版です。
  • ポイント1・・・・ものの形をよりはっきりとアピールするには写真を角版で扱うよりは切り抜いた方がいいでしょう。あるいはモチーフ以外はほとんど白地になるよう撮影するという手もあります。
  • ポイント2・・・・背景とモチーフとの色にメイドのあがある方がより形がはっきりします。ものによっては明度以外に彩度や色相の差を強調した方が見栄えが良く仕上がる場合もあります。
  • ポイント3・・・・完全な切り抜きだけではなく、縁取りをつけたりドロップシャドウを入れて形を強調することもあります。ここではシンプルな縁をつけた例を作りましたが、飾りケイやイラストを追加しtおり華やかに仕上げるのも良いでしょう。
  • ベーシックセオリー「シルエットとマッス」・・・・グラフィックは平面です。しかしだからと言って立体感を感じなくても良いということではありません。写真やイラストではシルエットだけでなくマッスを表現することも可能なのです。おチーフにマッスを感じさせるにはその写真を撮影する際のライティングが重要なポイントになります。