チラシ制作で大事なこと

チラシ制作はまずはターゲット設定から。デザイン、訴求方法を細かく見ていきます。

隠す、想像力

通常はみやすく、わかりやすく、作るのがグラフィックデザインの使命です。しかしそれとは逆に対象物をあえて隠してしまう、という手法があります。本来見えるべき物が隠されていたり、みたいところで見えそうで見えないとなると、知りたい、みたいとなるのが人情です。

隠しは昔からよく広告などで用いられてきたテクニックです。

最初から全てが明らかになっているとそれ以上の興味がw家内もの。じらされると帰って熱くなってしまうのは、恋愛関係と似ているのかもしれません。

みたいところが隠されていると、その中身は想像するしかありません。みた人が想像力を働かせる、それはグラフィックがただ情報を発信するだけでなう、ある種の双方向性を持つということです。もっとみたい、知りたい、あるいは自分の想像が正しいことを確認したい、そういった同期gあ生まれることが隠しのもう的です。

ここでのポイントは隠し方です。隠しすぎては何もわからなくなり見えすぎては隠した意味がありません。人の想像力を最大限に書き立てる隠し方、見せ方をよく考える必要があります。

何を隠すのか、どのように隠すかも重要です。写真の部分を隠す場合には、最初から隠れている状態で撮影をするか、画像合成をして一枚絵で完成させる方法と後からグラフィカルな処理を施す方法とに分けられます。絵としては何も隠していなくても謎解きのような仕掛けを用意して想像力を書き立てる方法もあります。

  • グラフィカルな処理・・・というのは例えば写真の一部をトリミングしたり、色ベタやパターンなどを重ねて隠すなど、写真ん¥そのものを加工することなく要素を加えることを指しています。
  • プレーンな印象・・・特別な意味がない、ということですイメージを付加して効果的な場合もありますが、余計なイメージが加わることで焦点がぼけてしまうああいmあります。プレーンな表現方法の方が、効果的なケースも少なくないのです。
  • ポイント1・・・同じ素材を用いても隠し方によって印象が大きく変わります。隠す対象とその隠し方の組み合わせによってはなんらかの意味を感じさせることがあります。例えば人をテープ状のエレメントで隠すと囚われた人というイメージが加わります。
  • ポイント2・・・グラフィカルな処理で画像を隠すと、プレーンな印象になりますが別の画像で隠す場合には他の意味合いが発生したり、別のイメージが追加されます。これはデザイン上のニーズに応じて使い分ければ良いことです。
  • ベーシックセオリー「タブーとのせめぎ合い」・・・上限とタブーとはどの時代においても常にせめぎ合いの関係を続けています。古典絵画においても裸体はタブーであった時代もありました。宗教画の形を借りることでエロティックな表現をする画家や自分の秘めた思いをモチーフに投影して、絵の中に隠すこともよくあったようです。
  • 顔ではなく商品・・・同じ理由でカタログなどのモデルの顔をカットすることもよくあります。下着のモデルに外国人の方が使われるのも同様の理由からです。人物としての存在が生々しく見えてしまうと、肝心の商品に注目が集まりません。
  • へうげ・・・漢字では「剽げ」ふざけている戯けていると言った意味で、読む場合は、ひょうげと発音するようです。へいげもの、は、戦国武将を主人公に据えながら茶道や茶器、美術、建築などの芸術に重さがおかれた作品です。
  • 質感の美しさ・・・ビジュアルだけで全てを伝えるシンプルな構成の作品だけにその細部にまで質感を追求sルウことで完成度が高められています。特に携帯電話の外装部分はとても美しいメタリックな表情が感じられます。